夜行バスの旅おすすめの行き先は?

一日中遊びたいテーマパーク

夜行バスの旅の大きなメリットは、夜寝ている間に移動するため、朝早く目的地に着ける場合が多いという点です。そのメリットが生かせるおすすめの行き先としてまず挙げられるのが、一日中その中で遊びたいと思うようなテーマパークです。 テーマパークが開園するくらいの時間に到着すれば、そこから長い時間園内でアトラクションを楽しんだり、ゆっくりとお食事したりといったように、楽しい時間を満喫しやすいでしょう。夜行バスの中で移動時間にしっかり睡眠をとっておければ、存分に遊べるだけの体力を蓄えておけるというメリットもあります。 一日中テーマパークで遊んで、閉園後にまた夜行バスに乗って帰ればホテルなどの宿泊する費用が浮かせられるので、その分のお金を園内で使うことも可能です。

ゆったりした時間が過ごせる温泉地

夜行バスの大きなメリットの一つが、宿泊費用を浮かせられるという点であることからすると意外と思われるかも知れませんが、実は温泉地もその行き先としておすすめです。
温泉地の楽しみと言えば、当然温泉に入ってゆったりとした時間を過ごすことと、その地域ならではのお料理を食べることなのですが、そのどちらも旅館などに宿泊しなくても堪能することは可能です。例えば旅館やホテルの中には、昼食付に日帰り入浴プランを用意しているところがけっこう多いので、それを利用するとリーズナブルな料金で温泉もお料理も両方楽しむことができます。
夜行バスで早目に温泉地に到着したら、観光地などを回ってからそのプランを利用してゆったりとした時間を過ごし、その後は帰りの夜行バスの時間までまた観光地巡りをするといったスケジュールを立てれば、効率良く温泉地の魅力を満喫できるでしょう。